昔々、ある学校に噂の学年があった。バレンタインデーが近づくと、その学年に通う生徒たちは異様な緊張感と期待感に包まれていた。その噂の学年では、バレンタインデーになると恐ろしい出来事が起こると言われていた。

その学年に通う生徒の一人、カオリは普段から不安げな性格で知られていたが、彼女も例外ではなかった。彼女は内気ながらも、秘密裏に好きな男子、タクミに気持ちを告白しようと決意していた。

バレンタインデーの朝、カオリは一生懸命に手作りのチョコレートを作り、それをタクミに渡すことに決めた。学校に着くと、空気がどこか重くなり、普段駆け回る生徒たちも静まり返っていた。

授業が始まる前、カオリは教室に向かい、慎重に用意したチョコレートをタクミの机に置いた。すると、その瞬間、教室全体が不気味な静けさに包まれた。

昼休みになり、生徒たちはいつものように教室から出て、廊下でおしゃべりしていた。しかし、どこか妙に静かで、通常の陽気な雰囲気が微妙に欠けていた。

そして、次第に学校中に広まったのは、バレンタインデーに告白された生徒たちが、受け取ったチョコレートを食べると、その後の記憶がなくなってしまうという噂だった。

カオリはタクミに告白しようと勇気を振り絞り、昼休みになると教室に戻ってきた。しかし、そこにはタクミの姿がなかった。机の上にはカオリが置いたはずのチョコレートもなく、何かがおかしいことに気づいた。

生徒たちは次第に騒然となり、自分が告白されたことを覚えている生徒もいれば、その記憶がない者もいた。校内は混乱に陥り、生徒たちは自分の行動に不安を抱えていた。

学校中の騒ぎを耳にした教師たちも混乱し、何が起こっているのかを理解しようと懸命に調査を進めたが、謎めいた力によって記憶が消されてしまった生徒たちには、真相に迫ることは難しかった。

バレンタインデーの夜、学校の周りには不気味な光が漂い、学年全体が一種の呪縛にかかったような雰囲気に包まれていた。何が起こっているのか、どうしてその学年だけが影響を受けているのか、誰にも分からなかった。

その後、その学年の生徒たちはバレンタインデーの出来事を忘れ、学校は再び平穏な日常に戻った。しかし、それ以後、その学年のバレンタインデーには誰もが気を引き締め、不気味な出来事が再び起こらないか心配するようになったという。


どうも、今年度入学した修士1年の江夏康平です。

自分のことをストーリーにして書くって苦手で、でも趣味のこと書きたいなと思って【怖い話】をチョイスしました。ChatGPTさんに書いてもらったので過激な表現はありませんでしたね。

最後に、私が去年のホワイトデーで抽選に当たった景品を掲載します。ガチで嬉しかったです。

次のブログは稲津くんに回そうと思います。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA